一般歯科

一般歯科

こんなお悩みはありませんか?

こんなお悩みはありませんか?
  • 歯が痛い
  • 冷たいものを食べると歯がしみる
  • よく歯茎から出血している
  • 入れ歯を入れたい
  • 歯がかけてしまった
  • 歯がぐらぐらしている
  • 口臭が気になる
  • お口の中がネバネバしている

虫歯について

虫歯について
虫歯は細菌が出す酸で歯が溶かされた状態のことです。お口の中に虫歯の原因となる細菌がいたら必ず虫歯になってしまうというわけではありません。いくつかの条件がそろって初めて虫歯になります。

虫歯の原因

虫歯は「歯の質・時間・細菌・食べ物」が原因で発症します。

歯の質:磨きにくい歯の形や歯並び、歯の虫歯に対する抵抗性などが
    低いとリスクが高くなります。
時間:間食が多いとお口の中が酸性に傾くので歯が溶けやすくなり
   リスクが高くなります。
細菌:ミュータンス菌など虫歯の原因となる細菌の量が多いと
   リスクが高くなります。
食べ物:糖分が多いと細菌の餌になり虫歯菌が歯を溶かす酸を沢山
    再製するので虫歯のリスクが高くなります。

この4つの要素が重なると虫歯になってしまいます。

虫歯の段階

虫歯には段階があり、治療法も異なります。
進行段階
症状
治療法
C0C0
歯の表面のエナメル質が溶け始めた状態。穴はあいていなく、白色や茶色などに変色が見られます。痛みはありません。
虫歯の原因を改善し定期検診で高濃度のフッ素と自宅での正しいフッ素塗布を継続することで、虫歯になることを防げる可能性があります。歯を削る必要はありません。
C1C1
歯の一番外側にあるエナメル質が溶かされて穴があいている状態。この段階の虫歯では痛みを感じることはありません。
虫歯の原因を改善し定期検診で高濃度のフッ素と自宅での正しいフッ素塗布を継続することで、虫歯の進行を防げる可能性があります。定期的にレントゲンなどで経過観察を行い予防していくことにより歯を削る必要はありません。
C2C2
エナメル質よりも内側にある象牙質まで虫歯が進行してしまった状態。痛みを感じることが多いです。
局所麻酔をして虫歯になっている部分の歯を削って詰め物をします。
C3C3
虫歯が神経まで進行してしまっている状態。何もしてないのに激しい痛みを感じたり、熱いものに対して痛みを感じたりします。治療をせずに放っておくと神経が死んで痛みを感じなくなることがあります。
虫歯になっている歯の部分を削り、神経を取り除きます。神経の治療後、様子を見て落ち着いたら詰め物や被せ物をします。
C4C4
歯茎から見えている歯の部分が崩壊して、根だけになっている状態。神経は死んでいて痛みを感じないことが多いです。
根の治療をして歯を残せることもありますが、歯を抜かなければいけないことも多いです。

歯周病について

歯周病について
歯周病菌の出す毒素で歯を支えている骨が溶かされて歯が抜け落ちてしまうとても怖い病気です。日本では歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。

歯周病の初期の段階で治療を受ければ、病状を止めることは可能ですが一度溶けてしまった骨は元には戻りません。そのため、歯周病は予防と早期治療が大切です。

歯周病が進行すると歯を失ってしまうだけではなく、最近の研究で歯周病は身体全体にさまざまな影響を及ぼすことがわかってきました。

歯周病がリスクを高める病気としては、心筋梗塞や動脈硬化、脳梗塞、糖尿病、誤嚥性肺炎、早産・低体重児出産、認知症などが知られています。

歯周病を悪化させてしまう要因

  • 喫煙
  • ストレス
  • 不規則な日常生活
  • 糖尿病
  • 細菌
  • 不良な噛み合わせ
  • 遺伝

歯周病の段階

歯周病には段階があり、治療法も異なります。
進行段階
症状
治療法
C0健康な歯ぐき
歯の周りにプラークが少なく歯茎に炎症がありません。
歯茎は引き締まったピンク色をしています。


適切なセルフケアーと歯科医院でのメンテナンスにより健康な状態を維持することが可能です。
C1歯肉炎
歯の周りにプラークが多く付着し歯茎が赤く腫れています。
歯磨きで出血し始めます。
歯茎のみの炎症で歯を支えている骨は溶けていません。
適切なセルフケアーと歯科医院でのメンテナンスにより治癒することが可能です。
C2初期の歯周病
歯の周りにプラーク、歯石などが多く付着し見た目は歯肉炎とあまり変わりませんが、腫れが大きくなります。
歯磨きで出血します。
歯を支えている骨の溶け始めています。
適切なセルフケアーと歯科医院での歯周病治療を受けることにより病状を改善すること進行を止めることは可能になりますが、一度溶けてしまった骨を元に戻すことはできません。繰り返し歯周病にならないよう歯科医院でのメンテナンスが必要です。
C3中等度の歯周病
歯の周りにプラーク、歯石などが多く付着し歯茎が腫れ上がり、出血、口臭、不快感が出てきます。
歯もグラグラしてきます。 
歯を支えている骨はかなり溶けています。
適切なセルフケアーと歯科医院での歯周病治療を受けることにより病状を改善すること進行を止めることは可能になりますが、一度溶けてしまった骨を元に戻すことはできません。場合によっては手術を行います。繰り返し歯周病にならないよう歯科医院でのメンテナンスが必要です。
C4重度の歯周病
歯の周りにプラーク、歯石などが多く付着し歯茎は化膿し、真っ赤に。
歯根も歯石で覆われています。
歯はかなりグラグラしています。
歯を支えている骨はずいぶん溶け歯を支えるのも困難な状態です。場合によっては抜歯しなければいけません。
治療を行っても歯を守ることが困難な状態です。他の歯を守るために適切なセルフケアーと歯科医院での歯周病治療を受け歯科医院でのメンテナンスが必要です。